COLUMN

中国で奮闘していた頃の置き土産

中国に現地法人を作る時、日本からの送金の受け皿として、南京に個人名義の口座を作りました。現地法人を清算した時に、会社名義の口座は整理したのですが、個人名義はそのままにしていました。

もう10年近く放置。

こういう口座は凍結されるそうです。この手続ために中国に数年ぶりに行ってきました。

IDの番号がちがう

今回手続するのは、活期(普通預金のこと)と定期の2つ。

銀行の窓口に行って事情を説明し(久々の中国語でどこまで通じたか)記録を見てもらったところ、活期口座を作った時のID番号と当時のパスポート番号が合わない。歴代パスポートを持って行ったので全部見てもらったけど、どの番号とも合わない。

なぜ...

ID番号が照合できないので、活期口座は何も手をつけられないことに。

定期はどうだ!

定期はすんなり照合できたのです。よって解約することにしました。

定期を活期口座に変えて、中国の銀行に預金しておいて「銀聯カード」と呼ばれるデビットカードを日本で使う事も考えましたが、活期口座は非居住の外国人は作れないそう。

でも本人確認ができて手続可能なだけでもラッキー。そして当時の定期は利率がよかったので、10年近くでそれなりに増えてました!

中国で長年頑張ったことへのご褒美!

まだ残る置き土産

活期口座はどうしてID番号が照合できなかったのか?

遠い記憶をたどると。外国人のパスポートは、口座開設のIDとして認められず、工場設立を手伝ってくれた中国の方のIDを使ったような気が...口座名義は本人でもID番号が紐付できなければ、そりゃNGでしょうね。

つぎは南京に行かねば。

今回すべて手続が終われば、しばらく中国に行く事はないと思っていたのですが、まだまだお付き合いは続きそうです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
最後まで読んでくださり
ありがとうございます!

Mayumi Nishizawa

オブラブ代表 Mayumi Nishizawa

武蔵野美術大学卒業。つくること全般に興味があり、凝り性。好きな言葉「歩留り」