COLUMN

女性脳には「結局なにが言いたいわけ?」は禁句?

とりとめのない話につきあう

右脳と左脳の連携がすぐれている女性脳。
一見関係がないように思える話も、左右の脳が情報交換しながら、混沌とした状況の中から答えを導き出そうとしているのかもしれません。もしかしたら答えなんかいらない可能性も。

男性脳からすれば、先が見えないただ長い話に聞こえたとしても「で、いったい何が言いたいの?」なんて口を滑らせたり、親切心で解決策をずばっと言って話を早く切り上げたりしない方が身のためです。長い話がさらに伸びてしまうかも。

このとりとめのない話は女性にとってはアイドリングのようなもの。

だから気長につきあうのが得策。ポイントは「共感」です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
最後まで読んでくださり
ありがとうございます!

オブラブ代表 Mayumi Nishizawa

武蔵野美術大学卒業。つくること全般に興味があり、凝り性。好きな言葉「歩留り」