COLUMN

おっぱい事変ー12

これは、ここ1年半くらいの期間に起こった、いや現在も進行形の、そこそこ人生を揺るがせたお話です。

脱毛問題

ウィッグの調整を重ねる

6月14日の2回目点滴に向け、がんやカラダの仕組み、食べ物や栄養について本を読み、NHKオンデマンドを見る日々を送りながら、脱毛への準備を進めていました。

抗がん剤治療が始まる前に購入していた、金髪のウィッグ。まずはカットから。

ブリーチしたそのままの色です。

あれだけ金髪にしたかったのに、ちょっとシックリこなかったんですよね。

自前の髪の毛は天然染料のヘナで染めていて、少し赤みのある色でした。ウィッグの金髪は黄味が強く、それが違和感を感じさせていたのかも。

それで美容師さんに相談し、ヘナとインディゴで染めることにしました。金髪をヘナだけで染めるとオレンジ色になってしまうので、少し落ち着かせるためにインディゴをブレンド。

ヘナ8:インディゴ2 の割合で染めたのが、この色です。実際にはもう少し明るく、とてもきれいな色です。

テンション上がるー

更に、金髪の時よりも短めにカット。

ちょっとボカシいれてます

まるで自分の髪のように、染めたりカットして整えていきました。もういつでも来い!脱毛!

12日目にして

ウィッグの準備が整ったものの、髪はフサフサ。まるで抜ける気配がしないなぁ。

と思っていた矢先。

髪を乾かす時に指で掻き上げたら、ちょっとまとまった量の毛が抜けました。

いよいよ来たか。

指で髪を梳き、意図的に引っ張ると面白いようにゴソっと抜けます。地肌がパリパリと少し痒いような感覚。毛穴が髪を解き放とうとしているんでしょうか。

この時、6月12日。2週間足らずで脱毛が始まりました。

ショートがおすすめ

朝起きると、枕の上に髪の毛が抜け落ちています。それも日に日に増えていきます。

髪を洗うと、洗面器が抜けた髪でいっぱいになり、貞子 そこにいるのかっ!という状態です。

私は治療に入る前に髪を短かめにカットしていましたが、それでも洗面器に貞子です。ロングの方を想像すると、その見た目のインパクトで精神的なダメージが大きいのではないかと。

再び髪が伸び始めても、元の長さに戻るには時間がかかります。抗がん剤治療にはショートの方がいいのではないかと思いました。

20日目にして

その後、髪の毛はどんどん抜けていきましたが、人間の髪の量って結構あるんです。指で梳くたびに抜けていく髪を見て、今日はもう帽子を被らないと無理じゃないかと思っても、まだイケる。そんな毎日を過ごしていました。

6月20日の朝。

洗髪後、これは9割方抜けたなぁと思ったので、断髪式を敢行。自分でスキンヘッドにしました。

これで枕の上や、床や、ありとあらゆる場所に落ちていた抜け毛から解放される〜

(つづきます)

🎀現在進行形の乳がん治療奮闘記。週1回を目指して書いていきます🎀

大いに笑う

オブラブ代表 Mayumi Nishizawa

武蔵野美術大学卒業。つくること全般に興味があり、凝り性。好きな言葉「歩留り」